5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

シルビアってギリシャの乙女・・?

懐かしい車

シルビアってギリシャの乙女・・?
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

日産シルビアって乗ったことはないですよね・・・?

どんな車かというと・・・。

ギリシャ神話に出て来る清楚な乙女の名前です。
語源は、ラテン語の「森」を表しているということですが、1965年に発売にされました。私は、14歳でした。

それでも車が好きで、当然貧乏でしたから、車の雑誌も買えないので、友達が買ったのを見させてもらって、それを見ながら絵をかいてということをやっていましたね。

当然この初代のシルビアには、乗れませんから3代目のS110型という角ばったシルビアには乗りました。

真っ赤な車だったので、走ると目をひいたのですが、買った車がZ20エンジンでちょっと力が足りず、その後に発売された、FJ20のDOHCエンジン(R30型スカイラインRS=この車も好きでしたね)の強力な車が出て格好良かったですね。

やはり何でも飛びつくと、後から良いのが出たりするのが世の常ですが、当時は排ガス規制などで、もう出ないだろうという自分なりの感だったのですが、当然のように裏目に出ました。

あ、すみません、3代目はおいといて初代に戻ります。

この初代の車は、第11回の東京モーターショーに出品され「ダットサンクーペ1500」という名前でした。

オープンカーのダットサンフェアレディの低めのシャシーを使い、SUツィンキャブで1600ccのOHVエンジンだったのです。

エンジンの空気が入るバルブを開けたり閉めたりする棒があるのですが、それがエンジンの上にあるのがOHCエンジンというもので、その他はその棒(カムシャフト)が下にあってそれが回って、エンジンの上にあるバルブを動かしていたのが、OHVエンジンです。

OHVの傑作エンジンとしては、日産サニーの12Aエンジンはすごかったですよ。

これは、ラリーで使っていたのですが、信じられないくらいの吹け上で・・・。

また道にそれました・・、すみません。

車のデザインは、この車も日本人の木村一男さんという人で、ドイツ人のアルブレヒト・フォン・ゲルツという人に助言を得ながら創作したということだったのですが、既にランチア・フルヴィアクーペという名車あり、そのデザインが元になっているのですね。

そのスタイルは、継ぎ目を減らしたボディパネルで、クリスプカットと呼ばれたデザインでした。

美しさでは群を抜く車だったですね。

ただ、その当時は、スカイラインやオープンカーのフェアレディ等が目立っていたために、554台の生産で終わってしまいました。

価格も120万円と、今の金額では、1000万円を超えるかもしれません。
本当に何回も書いているのですが、この当時の車は、デザインには特に個性を持たせており、「あ、あれは日産だ!」とか、「あれはトヨタだ!」とか、すぐに分かるぐらいの各社の思い入れというのが感じられましたね。

もうこうやって書いているだけでも、胸にジンと来ますね。青春時代でした。

日産・シルビア(SILVIA )は、日産自動車で生産されていた2ドアノッチバッククーペ型自動車(3代目、4代目にはハッチバックが存在する。また2代目及び3代目のクーペは日産では公式には「ハードトップ」と呼んだ[1][2])。

もともとスペシャルティカーとして登場し、3代目や5代目は当時のデートカーとして商業的に成功した。 2010年時点で日本国内で生産された車種としては任意自動車保険の保険料率の高い車種となっている。

出典 http://ja.wikipedia.org

ほんとに清楚で美しい車ですね・・・。

出典 http://www.seiyaa.com

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!