キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

フェアレディZといえば、初代のZは良かったですね。

懐かしい車

フェアレディZといえば、初代のZは良かったですね。
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

初代フェアレディZは、楽しい車でした!

どんな車だったのかというと・・・。

フェアレディZといえば、初代のZは良かったですね。

まず、スタイルが抜群で、トヨタ2000GTや、マツダコスモという車には派手さは負けていましたが、値段が安いものもあって私も発売になってすぐ乗ったのです。

19歳の時ですから、まるっきりの借金で、父の会社の信用で手形のような分割で買った記憶があって、毎月が大変でした。

まあそれでも優越感に浸りながら、ホーンの音色を変えたり、ストレートマフラーにしたり、ハンドルはモモの小さいハンドルにしたりして、毎日が楽しくて乗り回していました。

ある時に、ガソリンスタンドで給油をしようと、トラックの後ろについて待っていたら、そのトラックがなぜかバックをして来たのです。

慌ててホーンをならしたのですが、「トレパラピトラ~」のアホみたいな音に、
逆にトラックが驚いたのか更に加速をつけて・・!

「・・・。」

その時は、一瞬めまいがしてきましたね。

トラックの運ちゃんも、真っ赤なスポーツカーのような車に当てたことに更に驚いて、二人で「ガック~ン!」でした。

このフェアレディZは、元々オープンカーのダットサン・フェアレディの後継車なのです。

当時の日産米国社長の片山豊社長が、日本の車事情と北米の車思考が違うことを察知して、動こうとしない日本本社を強引までに説得し、なんと「ジャガーEタイプ」のようなスポーツカーを作れと号令をかけて出来上がった車なのです。

初代フェアレディZ

出典 http://pds.exblog.jp

・・初代フェアレディZってご存じですか?古き時代のスーパーカーです!

販売されたのは、「Z」、「Z-L」と廉価版があって、値段が安いということもあってか、爆発的に売れましたね。

当然、私のは「Z-L」というクラスで、当時の値段は、「Z」が84万円、「Z-L」が105万円でした。

更に追加された車種は、Z432という車と240Zという車で、Z432はGTRのS20エンジンを載せており、やはりレースを視野に入れた車だったといえます。

更にデチューンされたZ432Rという車とロングノーズの240ZGが販売されたのですが、「432」が182万円、「240ZG」が150万円ということで、やはり買える人は限られてしまいますね。

240Zといえば、サファリですね。

もう噴煙を上げて砂漠の荒れ地を走る姿は、勇者のようでした。

当時は、軽自動車のフルチューン車で筑波サーキットのレースに参加していたのですが、レースの先頭を走るペースカーとして432Rが旗をなびかせて走る姿は、誇らしげで格好良かったですね。

今の若い方は余り車に興味がないようですが、男のロマンを味わって貰いたいと思うのは、「じじい」の大きなお世話ですね・・。


初代フェアレディZ

出典 http://blog-imgs-29-origin.fc2.com

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう